森永乳業ラクトフェリン

森永乳業ラクトフェリンはライオンと同様、ラクトフェリンの研究トップクラスのメーカーの販売しているラクトフェリンサプリです。どのような特徴があるタイプのサプリなのでしょう。

 

森永乳業とラクトフェリン

森永乳業では1960年からラクトフェリンに着目し、1963年に日本で最初に化学物質を使わず母乳からの切り離しに成功しています。そして1986年に世界で初めて乳児用ミルク「森永BF-Lドライミルク」にラクトフェリンを添加しました。

 

その後1997年には「おなかに配達ヨーグルト」ではヨーグルトにラクトフェリンを入れた商品を出しています。また1999年には「ラクトフェリン・アクティブ」という栄養補助食品も発表。最近では2012年に「ラクトフェリンヨーグルト」が発売されました。

 

森永乳業ラクトフェリンの働き

森永乳業のラクトフェリンは抵抗力の低下する老人の健康力の維持をサポート。ストレス環境にある人、食事が乱れている人、運動不足の人の元気をサポートする成分なのです。ラクトフェリンは白血球の一種である好中球に存在して、外部からのウイルスなどの攻撃から守る成分の1つと考えられています。そして赤ちゃんからお年寄りまでの元気のためのサポート、健康のお手伝いをする成分なのです。

 

森永乳業ラクトフェリンは分解されてもいいの?

森永乳業と同じくラクトフェリンの研究のトップクラスであるライオンとは、考え方の違うところがあります。抽出したままの状態で腸内まで届けることを重要としているライオンに対して、森永乳業では逆に胃酸などに分解されてしまったとしても、ラクトフェリシンというラクトフェリンより活性の強力な成分に変わるので問題ないとしています。

 

これはラクトフェリン研究において2大トップクラスのメーカーでも考え方が違うところですが、他のメーカーのラクトフェリンサプリは、この2つの考え方を取っていると言えるでしょう。どちらも持論をしっかり持って発表されたラクトフェリンサプリということには変わりはありません。

 

安全性にこだわり

品質にこだわったラクトフェリンは、アメリカで権威のあるGRASの認証を受けたもののみの使用。化学物質を一切使わず、ラクトフェリンの成分を壊さずに抽出する技術によって、森永関連会社であるドイツミライ社の工場にて、森永による自社生産を開発しています。

ラクトフェリンサプリ一覧