ライオンラクトフェリン

ライオンラクトフェリンは日本のラクトフェリンのトップクラスメーカーがつくっているラクトフェリンのサプリです。どのような魅力や特徴があるのでしょう。

 

ライオンとラクトフェリンの関係

ライオンは単にラクトフェリンサプリを製造・販売しているのではなく、実はラクトフェリンの内臓脂肪低減サポートについて世界で初めて発見し、臨床試験の結果も世界中に発表しました。ラクトフェリンの研究は世界中の研究機関で行われ、いろいろな効果が発見されてきていますが、まだまだすべては解明されていない神秘的な成分です。そんな中、ライオンは内臓脂肪の低減サポートについて発表されたのです。

 

ライオンの魅力と理念

ライオンでは胃酸や胆汁などに分解されずに、そのままのかたちで腸内に届くため、腸までラクトフェリンを守る腸溶特殊タブレットが使われています。そしてそのままのラクトフェリンをしっかり腸まで届けるということこそ、ライオンがとても大切にしていることなのです。

 

ラクトフェリン臨床試験内容

ライオン研究室によって、内臓脂肪の低減サポートが認められた試験結果についてご紹介しましょう。まず腹部肥満傾向の健康成人26名の男女、平均年齢44.8歳を対象に行われました。毎日ラクトフェリン300mgのサプリを摂取するグループとプラセボグループに分れ、同時に対象者も医療関係者も暗示のない状態で8週間行われました。

 

その結果、ラクトフェリングループがプラセボグループより内臓脂肪面積はなんと、平均マイナス約12.8cu低減が確認されたのです。
そしてそれだけでなく、BMIもラクトフェリングループがプラセボグループより約0.9s/uの低減が確認されました。
ラクトフェリンによる内臓脂肪面積低減とBMI低減のサポートが確認されているのです。

 

ラクトフェリンの脂肪の分解促進について

脂肪を分解するリパーゼという酵素の活性化のサポートにラクトフェリンがかかわっており、溜まった脂肪がばらばらに。脂肪がばらばらになると脂肪が落ちやすくなります。またそれと同時に新しい脂肪がつきにくい状態にすることが必要です。そしてラクトフェリンは、脂肪細胞の合成を抑制し脂肪の蓄積予防のサポートにも期待されているのです。

ラクトフェリンサプリ一覧